顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、それらのパーツの構成により、以下に示す何通りかに分かれています。骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。それ以外に、アバットメントが人工歯根から分離している2ピース・インプラントがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、結合部分が凸面になっているエクスターナル・コネクションと、凹面になっているインターナル・コネクションに分かれます。この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易といわれているのです。

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療がしゅうりょうしても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりないのです。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うことを指示されます。定期検診をうける費用は保険適用の治療が基本となり三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。入れ歯や差し歯とくらべても利点の多い治療法であるインプラント。ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラント治療をうけるには条件があるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。どういう方が治療をうけられないか簡単にご説明しますと、ガンで治療をうけている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれないのです。
差し歯とインプラントはどうちがうのでしょうか。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。歯根をふくめて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、気にせず行えるのが最大の特徴であるといえます。気になるインプラント手術の内容とは、まずアゴの骨に手術用ドリルで穴を開け、そこに「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。

手間や費用は非常にかかりますが、そのぶん綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
この最新の治療法には、歯科医を始め、歯科技工士などのスタッフの極めて高い医療スキルが必要不可欠と言っても過言ではありないのです。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ですが、保険は聞かず自由(色々なことを制限されていると切望するものです)診療なので、治療費は高額になっています。
どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

義歯の中にも、入れ歯やブリッジと違い、インプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかのりゆうでインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられないのです。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、手術後に腫れてくるのではないかと心配する人もいるでしょう。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずこうだと言い切れるものではなく、結局は人それぞれで異なると言うしかありないのです。歯科で鎮痛剤の処方をうけ、腫れた部位を冷やすなどしても、なお腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
基本的にすべて自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。高額の費用を一度に用意できない方も多いのが当然です。クレジットカード利用ができる歯科医院や、デンタルローンなどの名称で信販会社のローンで支払いができる融通の利く歯科医院が多くなりました。

すべての費用を現金一括払いできなくても、自分が願望する治療を始めることはできる状況になっています。